これまでのトライアルステイ

箱根トライアルステイは、箱根町が2016年度から実施している移住体験プログラムで、東京R不動産がその業務を請け負い、これまで2016年度4組、2017年度12組、2018年度7組の方々の参加がありました。

(全ての回において応募多数となり、選考により参加者を決定しました)

​トライアルステイの期間中は、先輩移住者との交流会や町の施設案内といったプログラムのほか、参加された方の要望等により、先輩移住者のお宅やお店の訪問、不動産物件案内などを東京R不動産と一緒に地元サポーターとして私たちメンバーがお手伝いしました。

また2019年3月には、これまで参加された方を対象に物件案内ツアーと、先輩移住者や町職員の皆さんを交えて交流会を行いました。

【これまでのトライアルステイに参加された方の感想】

(参加しての感想)

自然・生活利便性・都会へのアクセスを含めて、バランスの取れている土地であることが確認できた。

・実際に体験できて、とても良い機会だった。ただネットの環境やデスクなどがあれば、より日常に近かったと思う。

(交流会の感想)

・基本的に絶対移住させてやろう!という感じではなく、人と人の自然なつながりを作る姿勢で、とても楽しく安心して過ごすことができた。

(観光での訪問時との違い) 

・温泉観光地から離れ、生活する場所が少し異なるだけで、周囲の賑やかさや暮らしやすさなどが変化すること。それにより周囲の人との関わりの密度を住む場所で選べること。

(箱根への移住についての利点・欠点) 

・利点:自然が豊かであったり、温泉があり、仕事とプライベートがより充実する要因がある。

・欠点:仙石原だと都会までのアクセスが悪い。賃貸物件が少ない。車がないと生活しにくい。

Copyright @ 2019- Hakone Stayle  All right reserved

大交流会